雨宮正欣が「かつら」だと話題に!年齢や大学を調べてみた!

スポンサーリンク

雨宮正欣は「かつら」!?

一部のネットユーザーの間で雨宮正欣氏はかつらなのではないか?との疑惑があり、話題になっています!

最近は、情報番組をはじめ、多くのメディアに出演しているため、雨宮正欣氏を見ることも増えてきています。

見た目髪もフサフサで、顔立ちがハッキリされている印象を受けますし、イケメンさんの部類なんじゃないかと思います!笑

とても紳士そうで、優しい方なんだろうなと、お見受けできます。

逆に、髪がフサフサ過ぎることでこういった「かつら」疑惑がでる場合もあるんでしょうか?

・・・と言っても、「雨宮正欣」氏をご存知なかった方も大勢いらっしゃると思います。

雨宮正欣氏とはどんな人物なのか?

雨宮正欣氏はほんとうに「かつら」?

このへんを中心に調査していきたいと思います!

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

雨宮正欣とは?

IMG_3199

雨宮正欣(あめみやまさよし)氏は、法科研究センターという科学鑑定をする機関所長を務めているようです。

最近では、刑事ドラマの台頭や科捜研にスポットのあたったドラマもあり、科学捜査研究所(通称:科捜研)という言葉も多くの一般市民に普及してきました

「今までも科学鑑定は捜査機関のためのもので、捜査側に有利な結果のみが裁判に提出されてきました。しかし最近の再審事件で明らかなように、弁護士側も積極的に科学鑑定を取り入れる時代が到来しました。全ての人々が正当な裁きを受けられるように、日々研究を深めてお手伝いしています。」と雨宮氏は語っています。

実際に検察側が有利なイメージは否めません。

雨宮氏のおっしゃるように、対抗機関というか、フェアな状態で裁判をしてほしいという思いはありますよね。

年齢や大学は?

大学は、星薬科大学薬学部大学院博士前期課程を終了しています。

大学で最大6年、大学院で最大4年間あるようですが、おそらく大学で6年、大学院で2年の計8年間研究に精進されてきたのではないかと思われます。

その後、北里大学医療衛生学部法科学研究室で学術博士を取得されています。

すご過ぎて目が回りそうです!笑

その後、埼玉県警察本部刑事部化学捜査研究所に勤めた模様で、同研究所の乱用薬物科長を歴任されています!

科学捜査研究所で主に覚せい剤や大麻、麻薬などの乱用薬物をはじめ、工業製品などの鑑定を23年間担当したと語っていますね!

スムーズに人生を歩んできたと仮定するならば、年齢は50歳前後または50代前半と考えるのが自然なのではないでしょうか!

「かつら」疑惑の真相!?

かなり精神的にも疲労が溜まるお仕事ですし、髪の毛によくない影響を与える可能性があります。

また、眉毛がすごく立派ですよね!

男性ホルモンが強いのかもしれません。

男性ホルモンが強いと、ヒゲや体毛は濃いんですが、どうしても頭髪は薄くなりやすい傾向があると思います!

いろいろな要素はありそうですが、今の「かつら」は精巧にできていますから、なかなか見分けることはできません。

仮に「かつら」だったとしても、それは本人が隠したいから使用しているんだと思いますし、そっとしておいてあげていいんじゃないでしょうか?

まとめ

今回、「雨宮正欣」氏の「かつら疑惑について真相究明に努めてきましたが、確たる証拠をつかむことはできませんでした!

雨宮氏はきっと「地毛」です!笑

そっちに目がいっちゃいますが、とても立派な方ということも忘れてはいけませんね!

雨宮氏のような方がいるから、私たちの生活の秩序が保たれているのかもしれません。

雨宮氏の今後のご活躍に期待です!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です