実は取れない?確率機カリーノ(クレーンゲーム)の攻略や仕組みを紹介!

スポンサーリンク

はじめに

こんんちは、ズッキーニです。

今回は”確率機カリーノ“についてお話していこうと思います^^

大手ビデオレンタル店やゲームショップなどによくあるこれですね!

個人的には数年前に一回だけ成功させたことがあり、その時はPS4のソフトをゲットしました。

・・・PS4本体だったらよかった~!!

まぁ、人生そんなに甘くはないです。

投入金額はおそらく2000円ほどだったと記憶しています。

これくらいの金額で1万くらいするソフトをゲットできたのはラッキーですけど、取れるかどうかわからないクレーンゲームに2000円も投入するのは正直もったいない気もします。

それでも、取れそう!と思わされる演出が闘志に火をつけちゃうんですよね!

・・・でも取れない!

最近もたま~に子供と一緒にチャレンジしています。

子供もこういった取って取って系のクレーンゲームは大好きですからね、いいところを見せようとがんばるが取れない!

終いにゃ自力での獲得を諦め、ネットで攻略法を検索してみるも驚愕の事実が発覚!!

その辺も含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

攻略と仕組み

確率機カリーノ“を攻略するには、まずその機会の仕組みを学ぶ必要があります。

なんでこんな遊びごときで学ばなければいけなんだ、と思った方がいたら安心して下さい!

そんな大層なことではありませんから。

仕組み

“確率機カリーノ”ですが、そもそも”確率機“という意味はご存知ですか?

ufoキャッチャー含め、クレーゲームと呼ばれる機械には基本的に実力機確率機というものがあります。

実力機

クレーンアームの強さが一定。機械やお店によって強さはまちまちだが、一度設定したら設定し直すまで強さが一緒。

確率機

一定の設定金額を越えるとアーム強度が上がる仕様になっている。

確率機と聞けば、ある一定の確率で当たるという認識ですよね?

しかし実際は一定の金額を越えなければいけません。

この設定金額も100円~100000円の範囲内で設定できるようです。

ですので、良くて置いてある商品の相場前後の設定、下手すれば上限設定なってるところだってあるかもしれません。

取れそうでつい熱くなっちゃう気持ちもありますが、取れそうだけど実はとれないんだと冷静になる努力をしたほうがいいのかも。

攻略

じゃあ攻略は無理なの?といえばそうでもありません。

攻略というか、まぁ取れる確率を飛躍的に上げる方法といっておきましょう。

どうすればいいのか?

一番の近道は優良店なのかどうかを見極めることからはじまります。

優良店だと、獲得者の写真が所狭しに飾られているケースが少なくありません。

よく大当たりが出るといわれる宝くじ売り場の原理と一緒ですが、実際に獲得している人がいるというのは信頼や安心があります。

そして同時に、日付が入っていることもあり、それを確認すればどれくらいの周期で商品がでているのかを知ることができ、その周期付近を狙って集中的にチャレンジすればゲットできる可能性があがります。

また、よく行くお店であれば、人の流れや挑戦している人の投入金額を見ることでどのくらいの金額設定になっているのかを予想することも可能かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

基本的には確実な攻略法なんか存在しません。

そんなものが存在したら商売になりませんからね!

それでも少しでも確率を高めるということは、長い目でみれば必ず違いが出てくることは間違いありません。

そこまでしたくない人には不向きですが、ガチで低投資でゲットしたい方はぜひ実践されてみてはいかがですか^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 元社員 パワハラ、モラハラで退職 より:

    写真のゲーム機は株式会社KOKADOで制作しているバンビーノという機種です。
    カリーノと同じく、貯金箱設定があり、最大天井99000円に設定できます。天井に達するとアームが強くなります。
    ちなみに、サービスボタン(下の扉の中にある押すと1回クレジットが上がるボタン)を長押しするとアームが強くなります。
    なんの為かと言うと、クレーム客に取れるところを見せる為です。さりげなく長押しするにはコツがいりますよ〜

    • @TakuYa より:

      コメントありがとうございます。カリーノ系には一般人にとって裏設定なるものがたくさんあるんですね!
      基本的には取れないと思ってて、数回しかチャレンジしないことにしていますが、あのがんばったら取れそう感がおもしろいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です