ウシジマくんシーズン3最終話ネタバレ!神堂やまゆみの運命や結末は?

スポンサーリンク

はじめに

どうも~、こんにちは!

テレビドラマ・闇金ウシジマくんシーズン3もいよいよ最終話を迎えました!

130

出典:http://nakajiee.com/yamikin-ushijimakun

今思い返せば、まゆみが編集者で順風満帆に働き、ハシくん(ジェントル)と付き合っていた頃が懐かしいです。

偶然を装ってまゆみに近づいた神堂(中村倫也)。

出会いから始まり、洗脳して金を巻き上げるここまでの流れがすべて計画通りだったと考えるとホントにゾッとしてしまいます。

クライマックスというだけあって、最終話はこれまでよりはるかに過激な内容になっています!

今回は闇金ウシジマくんシーズン3最終話のネタバレや神堂・まゆみの運命について綴っていきます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

最終話ネタバレ

冒頭のショートストーリー。

上原家家族の前で、神堂(神堂)に電気ショックを食らわせられ絶叫する重則(名倉右京)。

松田明日香(市橋直歩)に2000万円支払うため、上原家の土地売却の進展を問われている重則はもはや完全に神堂の手中に落ちている様子。

土地は重則と弟の共有財産になっているため勝手に売却することはできない。

「もう一度説得して下さい。」と言う神堂に逆らえず、弟のところへ行く。

しかし「あの土地は上原家のもので兄さんだけのものじゃないんだぞ!それをろくな理由も聞かされずにハンコなんか押せるわけないだろ!」と言われる始末。

後に引きない重則も「不満ばかり言うならおれの持ち分だけでも売却するぞ!」ともみ合いになってしまう。

・・・その様子を物陰から見ている神堂。

風俗の仕事中、柏木に「おれの女になれよ!」と半ば脅されているみゆき(今野鮎莉)。

しかし、その顔には表情はない。

そんな中、神堂から着信があり、急いで電話に出るみゆき。

1時間置きの電話連絡のルールを破り、帰ったら電気ショックのお仕置きだ!と告げられると本気で怯えるみゆき。

丑嶋(山田孝之)に連絡する柄崎(やべきょうすけ)。

コインパーキングで料金を払ったが領収書が出ず、領収書なしでも経費で落としてもらえるか確認しているところ。

しかし、丑嶋は無言で電話をきる。

いつもの駄菓子屋前には丑嶋と戌亥(綾野剛)が集合している。

以前丑嶋が依頼した勅使河原(三田真央)についての調査を報告しているところ。

「前に丑嶋くんが言ってた勅使河原って占い師、本名はあさがわやよい、家族の遺体がドラム缶の中から見つかったって。」と聞く。

情報料としてかごいっぱいの駄菓子を渡す丑嶋。

嬉しそうに駄菓子を頬張りながら「なんか、厄介なことに巻き込まれたかもよ?丑嶋くん」という戌亥。

みゆきの頬を張るカズヤ(板橋駿谷)。

精神的に耐えられなくなったみゆきは、全ての災いは不倫相手を殺し家族を巻き込んだお姉ちゃんの責任よ!とまゆみ(光宗薫)を責める。

「では、まゆみさんを罰しますか?」とまゆみの前へ電気ショックの道具を放る神堂。

すると、「私は重則が悪いと思います!私がこうなったのも父親の重則がこんな薄汚い人間だったからです!」と言い放つまゆみ。

決定打はまゆみのケータイに匿名で送られてきたという動画。

そこには父・重則が以前部下の女性の胸を触っていた光景が映し出されていた!

上原家の信頼を完全に失った父・重則。

上原家の新しいリーダーにはカズヤが任命され、「リーダーとして最初にやることはなんでしょう?」と問う神堂に対しカズヤは「娘2人がおかしくなったのはお前のせいだ!お前を躾けてやる!」と重則に言い放ち、電気ショックの道具を高らかに持ち上げてみせる。

金子ババーの風俗へ来ていた柏木。

みゆきを指名したいが無断欠勤で休んでいると告げられる。

みゆきがいないと知るやいなや、去っていく柏木。

・・・直後に丑嶋と柄崎がやってくるが、柏木がケツ持ち気取りで遊びまくるから金はないと言われ、トリハン(回収した金の半分を取り分とすること)を提案される丑嶋。

躾けと称した暴力で、とうとう息絶えてしまった重則。

人口呼吸や心臓マッサージで蘇生を試みるが後の祭り。

・・・そこへ、ドアをノックする音!

家族は息を殺して蘇生活動を続け、神堂が出ることに。

ドアを開けるとそこには隣に住む住人がいた!

深夜にも関わらず騒音がうるさいことを注意しに来たのだった。

そこは持ち前の話術で難を逃れる。

・・・すると、またもやノックの音!

神堂が出ると、そこには柏木の姿!

柏木は強引に部屋に押し入り、凄まじい光景を目の当たりにするが瞬時に全てを理解した上でなんか楽しそう。

・・・しかし、パニックになった母・広子(武藤令子)が喉元を一突きし、柏木を殺してしまう!

その後、神堂は用事があるといい部屋を出るためドアを開けると、

そこには丑嶋がいた!!

利息の回収に来ていた丑嶋。

神堂の話術もお構いなし!神堂の顔面に強烈なパンチをお見舞いし、強引に部屋の中へ!

異様な光景を目の当たりにするも顔色一つ変えず、・・・突然誰かに電話をかける!

バイブ音がなり、柏木もここに来ていたことを悟るとバイブ音が聞こえる方へ足を運ぶと、そこには無残な姿の柏木がいた。

またしても家族総出で丑嶋に襲い掛かるも、簡単に払いのけられてしまう。

しかしカズヤとみゆきを押さえつけ無防備な丑嶋。

それを見た神堂は、

「おい、まゆみ!そいつを刺し殺せ!私に従えば間違いない!迷うな、やれ!」と命令する。

「おい、まゆみ!お前は俺が貸した金で子供をおろさなかったろ?お前は自分の頭を守らないで腹を守ってる。誰か守りたいなら強くなれ!意志のないやつは悪いやつに利用されるだけだぞ!自分を救えねぇやつは他人のことなんて絶対に守れねぇ。」と語る丑嶋。

「人にやっちゃいけねえことなんかねぇよ、罪を背負う覚悟があるのなら。それができねぇやつは虫けら同然だ!・・・お前に言ってんだぞ?神堂!」という丑嶋。

「私だけを信じなさい、まゆみ!」と神堂。

「信用できるやつは自分から信じろなんて言わねぇよ!」と丑嶋。

お前は何がしてぇんだよ?上原まゆみ!

「刺せぇー!!」と命じる神堂に対し、

「刺しません。嫌です!」と答えるまゆみ!

完全に血が上った神堂は落ちていたモンキー(鉄でできた工具)を手に取ったところで柄崎と高田が合流!

柄崎と高田にあっさりやられてしまう神堂。

その後は丑嶋らにボッコボコ!顔の原型が分からなくなるほどの暴力と拷問にあう!

上原まゆみとみゆきの借金・迷惑料・延滞料、占めて300万円を要求する丑嶋ら。

そんなものは払う気がない!と告げると、「あっそ。バイバイ!」と神堂を殺しかける柄崎。

「おい金融屋!俺なら口先一つで300万なんか簡単に稼げるんだぞ!お前はたかだか300万で人殺しなんて3流以下の金融屋だ!」と吐き捨てる。

「へぇ~どうやって稼ぐの?」と興味ありげな丑嶋。

ボコボコに変形した顔で、もはや神堂とはわからない。

逃げられないように首輪と鎖につながれ、物陰には柄崎と高田!

そんな神堂はあるマダムのところへ来ていた。

「強盗に襲われてこの様ですよ。カードも通帳も取られたんですが、今日中に取引先に300万円振り込まないと信用問題に関わるんです。」と300万円をもらう。

それを柄崎らに渡すと「これでチャラにしてやる。行けよ!もうお前に用はないから。」と立ち去り、その場に立ち尽くす惨めな神堂。

「警察にチクられるよりはマシ。明日から新しい名前で新しい人生を始めましょう。」と前向き。

自宅に帰った神堂は、ドアを開けると妙な違和感を感じた。

背後からは警察の捜査員たちが押し寄せ、逮捕状を出し、神堂は逮捕!

小瀬(本多力)のアパートを訪れたケースワーカーの男。

コセちんのネットパソコン教室の売り上げが過去最高を更新し、このまま軌道に乗ればもうお世話にならずに済みそうと意気揚々に語る小瀬。

小瀬とケースワーカーは手を取り合って喜ぶ!

ののあ(小瀬田麻由)のところへ来ていた犀原茜(高橋メアリージュン)と村井(マキタスポーツ)。

「若くてそこそこエロいから、裏風俗に流して回収するわ!」と犀原。

「髪の毛洗って~!」と村井に抱きつくののあ。

まんざらでもない村井もののあを抱きしめる。

「村井!!!」と怒鳴る犀原の言葉で我に返るが、

「すいません!最近ちょっとご無沙汰だったもんで。」と焦る村井。

「知らねぇよ!」と一喝する犀原茜。

コンビニでバイトを始めた美奈(佐々木心音)は、ゴミ出しに行くと、そこにはゴミあさりをしている惨めな姿の母・恵美子(倖田李莉)がいた。

食べ物を探していると感づいた美奈は、廃棄になったゴミ袋の弁当に水をぶちまけた!

フラフラで、無気力に立ち去って行く恵美子。

・・・さすがにむごいと感じ、母を追いかけ暖かい弁当を渡す美奈。

弁当を頬張りながら「美奈、また一緒に・・・」と言った瞬間、

「それじゃ!」と言い残し立ち去る美奈。

「また一緒に暮らせるかな?」とその場に崩れ落ち、涙を流す恵美子。

居酒屋で飲んでいる丑嶋と戌亥。

「神堂は同じ手口で余罪もいっぱい有りそうだから死刑だろうね。あと神堂に洗脳されて自分の家族を殺した勅使河原や操られて手先になった松田明日香って女もね。」

「上原家の連中も、まゆみ以外は複数の殺人にモロ関与してるから無期懲役くらいは求刑されるだろうねぇー。」と告げる戌亥。

「まゆみは?」と聞く丑嶋。

「まぁ、6年から8年てところじゃない?上手くいけば途中で仮釈放って感じでね。」

神妙な面持ちでしみじみと話し合う2人。

・・・突然「中坊のときに地元仕切ってた鰐戸(がくと)三兄弟は今何してんだろうな?」と突拍子もなく切り出す戌亥。

「知らねえ!なんで?」という丑嶋。

「別に。なんか急に思い出しちゃった」という戌亥。

「あぁそう。」と複雑な感情がありそうな丑嶋。

・・・4年後、仮釈放になったまゆみ

刑務所の人に一礼し、帰路につく。

・・・すると目の前には丑嶋の姿!

「あの、どうしてここに?」

「借金の回収。刑務作業の賃金受け取っただろ!全部出せよ。」と容赦なし!

2人で歩き出す。

「丑嶋さん!罪を背負えば人にやっちゃいけないことはないとおっしゃいましたよね!」

「覚えてねぇな。」と丑嶋。

「私は・・・やっぱり人にやっちゃいけないことがあると思います!」とまゆみ。

「あぁ?何当たり前のこと言ってんの?」と丑嶋。

「私は自分の意志をはっきり伝えたかったんです!あのとき、あなたに教わったことです。」

・・・すると、そこには保育園。

まゆみは一人の子供を見つめている!

それは3歳くらいの元気な女の子。

その子を見て涙するまゆみに、カウカウファイナンスの広告入りポケティを渡す丑嶋。

・・・ここでエンディング。

エンディング中のショートストーリー、

駐車場の管理を委託されている者と名乗るチンピラ風の男2人が丑嶋のもとへ来ていた。

話を聞くと、「3年半前おたくの車が駐車料金1200円を支払わないまま出庫、不正駐車されました。料金1200円の倍額2400円、違約金20万円、調査費用15万円、合同出張料金+人件費・・・計55万2400円今すぐ支払って下さい」と要求してきた。

「おれは柄崎を信じる。てめぇら駐車場の人間じゃねぇだろ!」

「払わねぇ!・・・てか暴利だろ!」と一喝し、立ち去っていく丑嶋。

神堂やまゆみの運命は?

神堂は丑嶋らにボコボコにされた上、300万円という大金を支払ったことで自由になれたと思い、また新たな詐欺で人生を立て直そうと企てていた。

しかし、冷血非情・鬼の丑嶋!

お金を回収した上に、警察に通報!

神堂は逮捕されてしまう

まゆみももちろん逮捕されるが、戌亥の予想に反して4年で仮出所、新たな門出を迎える!

まゆみ以外の連中は今でも刑務所で生活してるんでしょう。

まとめ

丑嶋が神堂に制裁を下してくれて、めっちゃスッキリしたぁ~!

でもそれ以上に、保育園にいた女の子はまゆみの子供?それともおろしたけど、もし生まれていれば同じくらいの歳になっていた?・・・その辺はもう想像にお任せ的なところがあるけど、まゆみの涙にはジーンときました

神堂と出会わなければ、ハシくんと交際を続けていれば、自分の意志をはっきり伝えることが出来ていれば・・・事後に「たられば」を言ってもしょうもないけど、意志さえしっかり持てばいくらでも立ち直るチャンスはあったと思います。

恵美子が「美奈と一緒に暮らしたい」と流した涙は本当の意志であると信じたいです!

男に貢ぐことで愛をつなぐということしかできない不器用な女で、本当は寂しかったんだよね?

旦那と良好な関係を築けていれば、娘・美奈とも上手くいってたんだよね?、きっと。

神堂には同情しないけど、まゆみ含め上原家、美奈・恵美子親子の結末にはマジ涙なしには見れないです。

「K」もなんだかんだいいヤツだったしさ。

・・・つか、ののあいつの間に犀原茜から借金してた!?

勝ち組なのは小瀬ちんだけかな。

ニートからここまで立ち直ったのはすごいと思うし、おめでとうって言いたい!

・・・マジで切ないストーリーでした。

丑嶋のやってることはいいことじゃないけど、筋が通っていてかっこいいですよね!

そして、戌亥の「鰐戸三兄弟」についてのセリフ、映画意識させ過ぎでしょ!

ちょっと違和感あったな!汗

まぁ、何はともあれ闇金ウシジマくんシーズン3は終わりました。

残りは映画闇金ウシジマくんpart3とザ・ファイナルを残すのみになりました!

ウシジマくんシリーズの最期をしっかり見届けたいですね^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です