RYKEY(リッキー)vs芦澤竜誠の試合はいつ!?喧嘩最強説を検証してみた!

スポンサーリンク

はじめに

みなさん、こんにちは。

なにかと世間を騒がせているラッパーのRYKEY(リッキー)さんですが、俳優・草刈正雄さんの長女・紅蘭さんの内縁の夫であることも有名な話です。

つい先日の2019年7月10日に知人男性2人への暴行容疑で警察のお世話になっています。

紅蘭さんに関しては、一時期メディアへの露出が多くなり、多くの人がその過激な容姿とキャラのギャップに魅了されました。

“草刈正雄の娘”というのも大きな要因だったと思います。

しかし、背景はどうであれ、こうやってリッキーさんがメディアにでてきても、“RYKEY(リッキー)”ってどんな人?という感じになり、実際どんな人物なのかはっきり分からないのが実情です。

気になってきて、リッキーさんについて少し調べてみたのですが、おもしろいこともわかってきたので紹介していきますね!

スポンサーリンク

リッキーvs芦澤竜誠の試合はいつ!?

リッキーさんについて調べていて、個人的に”おもしろいな“というか興味が湧いたのが、

リッキーvs芦澤竜誠の格闘技マッチ!!

これはどういった経緯なのかというと、リッキーさんが芦澤竜誠さんに宣戦布告したことが発端になっています。

これに対し芦澤竜誠さんも反応!

SNS上で激しい攻防戦が繰り広げられました。

このやり取りを受け、な、な、なんと、”ヤフーニュースで取り上げられる”というミラクル!!

格闘家 芦澤竜誠、ハードコアラッパー RYKEYと対決か

マジで試合いつ!?と思って、心待ちにしているんですが、この試合、実現しない感じがプンプンしますね

だって、リッキーと芦澤竜誠”仲いい”じゃん!!!

試合後とかならいいんですが、試合実現前にツーショットとかはやめてほしかったですね。

ヤラセ感があるというか、結局は売名だったり、注目を集めるための作戦だったのかなと勘ぐってしまいます。

そんなのは普通なことで、厳しい業界で生きる術なのかもしれないですけど。

個人的にはすごく見てみたい試合ですけど、違和感だらけです。
だって、双方ともノリ気で、芦澤竜誠さんが”みんなで盛り上げてバズらせろ”とおっしゃってますが全然バズってないです。

ヤフーニュースでこの試合を”メイウェザーvs那須川天心級の注目マッチになりそう”とありますが、それは間違いなくないと思います。

そして、”腕っぷしがいくら強くても素人がプロの格闘家には勝てない”という常識が世間に浸透していることもあると思います。

個人的にはすごく見たい!・・・でもネット中継だとしても配信に至るまでの世間の関心度はないというのが現状ですね。

喧嘩最強説を検証

リッキーさんは腕っぷしに自信があるようですが、どういった背景があるのでしょうか。

まず、リッキーさんの生い立ちを調べてみるとヤンチャな青春を過ごしていますね。

中学生のときに、地元のギャング”八王子クリップス”に加入しています。
小さい頃からそういった集団の輪にいたり、ましてやその中で立場的に上の方まできていたとすれば、自分を最強と思えるような自信が形成されるのかもしれません。それこそ、そういった集団って、自分に自信がない人がトップには立たないでしょうからね。

けっこう喧嘩をしたり、修羅場をくぐり抜けてきたりしてきたんだと思いますが、具体的な喧嘩伝説まではわかりませんでした。

YouTubeにて、リッキーさんがパンチングマシーンに挑戦している動画がありました。

結果は275kgというパンチ力でした!

この275kgという数値、個人的にはすごいと思うんですが、パンチングマシーンを使ったことない人にとってはピンとこないと思います。

比較対象としてアスリートの記録を探してみたところ、タレントの武井壮さんで242kg、プロ格闘家の矢地祐介さんで335kgでした!

たまぁにそういったプロ格闘家のパンチ力がYouTubeにありますが、私が見た感じでは大体200後半~400kgまでの範囲です。

ただ、パンチングマシーンを手掛けているメーカーが複数ありメーカーによって数値が大きく違うこと、格闘家に至っては相手がいてのスポーツですから遊びといえど大振りされない方が多く、その分数値が下がったりもするようです。そのため一概には言えませんが、リッキーさんのパンチ力もかなりすごいレベルにあると思います。

ただの喧嘩であれば、かなり強いでしょうね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回リッキーさんについて調べてきましたが、思っていたイメージとまったく違ったことにビックリしました。

言ってみれば、常にしかめっ面で人を睨んでいる感じだったり、口が悪かったり、もっと陰気な感じという勝手なイメージを持っていました。

しかし、実際はイケメンで、陽気で、楽しい感じの方なんだなと好印象でした。

リッキーvs芦澤竜誠は実現しないと思いますが、リッキーさんに関してはこれから注目していきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です