山手線(JR東日本)終電延長はいつから?延長時間や増発路線を調査。

スポンサーリンク

はじめに

みなさん、こんにちは。

2019年もあっという間に半分以上が経過し、7月に差し掛かりました。

日本で開催される”東京オリンピック2020“までほぼ1年というところまできています。

出場内定といったニュースや新国立競技場が完成間近など、オリンピックに向けて着々と準備が進んでいるようです。

改めて振り返ってみると、開催国が日本に決まった際には日本中が歓喜に沸いた反面、資金面や開催場所などで大きく揉めていました。

また、”復興オリンピック“などというワードもたくさん飛び交っていましたが、最近ではあまり耳にしなくなりましたね。

コンセプトがイマイチ曖昧という感じは否めませんし、ちょっと残念に思う気持ちも少なからずあります。

それでも後には引けないわけですから、ぜひ日本の威信をかけて日本のみんなが力を合わせて成功へと歩んでいければと思います。

さて、本日にJR東日本より一部路線の終電時間延長と増設が発表されました。

恩恵を受ける方も多いのではないかと思います。

これについて少し調べてみました。

スポンサーリンク

終電延長はいつから?

JR東日本は東京オリンピック期間中に一部路線の終電時間延長を発表しています。

2020年東京オリンピックのスケジュールは、7月22日よりソフトボール・サッカーが始まり、同24日に開会式、8月9日に閉会式となっています。

このことから少なくとも7月22日~8月9日あたりは終電時間延長が実施されるのではないかと予想されます。

延長時間や増発路線

終電延長時間は山手線、東海道線などは1時間半程度、京浜東北線、中央線快速などは30分から1時間程度延長する方針であるようです。

増発路線については競技会場沿線となる横浜、京葉、川越の各線で増発する予定とのことです。

現時点ではこのようになっていますが、場合によっては終電時間の再延長や増設路線の追加もあるかもせれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まだまだ予定の段階であり、変更は十分に可能性があります。

最終的には2020年4月頃に具体的なダイヤを発表するそうです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です