平手友梨奈(てち)のステージ落下は演出ってマジ?怪我の具合について!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは。

“すずき”です。

出典:https://sirabee.com/2018/05/04/20161613229/

9月5日、幕張メッセで”夏の全国アリーナツアー2018”のコンサートを行っていた”欅坂46”ですが、”てち”の愛称で親しまれているメンバーの平手友梨奈がステージから2メートル落下するという事故が起きました!

救急車で病院へ運ばれるという事態に発展!!

しかし、病院での検査後にコンサートに復帰するという離れ業を披露しています。

一部では、この行動にはある”疑惑”がうわさされています

そのへんを探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ステージ落下は演出?

普通に考えれば、これほどまでにばかばかしいことはありません!

ステージ落下は演出“・・・これが真相だとしたら異常ですし、常軌を逸脱した行為だと思います。

かりに話題性を集めるためだとしても、若干17歳の女の子にそこまでさせるのかという疑問が浮かびます。

しかも自然な演技で落下したとして、下に緩衝材などを使用していたとしても2メートルも落下すれば”骨折”やそれ以上の負傷につながる危険さえあります。

コンサートなどで歌唱中にステージ下に転落したという話は時折耳にしますし、今回の件も偶然のハプニングだったのではないでしょうか!

ましてや欅坂46の楽曲は激しいダンスが話題を呼んでいて、実際に過呼吸を起こしてしまったメンバーや立ち上がるのが困難なほど疲弊するメンバーがいるほどです。

激しいダンスによる立ちくらみによって落下してしまったという線が濃厚なのではないかと思います。

怪我の具合について

平手友梨奈さんは病院での検査後にコンサートに復帰されました。

復帰できるぐらいの軽傷ということなんでしょうね。

情報では”軽い打撲“ということです。

2メートルといえばけっこうな高さですよ?

たぶん、わかっていても怖くて飛び降りれない方はたくさんいらっしゃると思います。

それが不意に落下してしまったわけですから、大事に至らなくて本当によかったと思います。

まとめ

怪我の程度が軽かったのは幸いですが、それでも検査後とはいえ復帰するほうもするほうだし、させるほうもさせるほうだと感じました。

平手友梨奈さんを見に来ているファンもたくさんいらっしゃると思いますが、ことがことだけに安静にしていたほうがいいと思うんですけどね。

突然のハプニング→救急搬送→復帰という流れになっても、個人的には救急搬送された時点でテンションだだ下がりは間違いないですね。

運営側には出演者・観客ともに安全には最善の注意を払っていただきたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です