日本スポーツ協会の現在の会長はだれ?歴代を簡単にまとめてみた。

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは。

すずき“です。

またまた気になるニュースが世間の注目を集めていますね!

日本スポーツ協会の塚原夫妻によるパワハラ問題!

つい最近ですと、有名大学アメフト部の問題があったばっかりですし、女子レスリング選手へのパワハラ問題なんかも記憶に新しいです。

・・・う~ん、問題が尽きませんなぁ。。。

まぁ、今回、パワハラを行った張本人として名前が挙がっているのは”塚原光男副会長“と妻である”塚原千恵子女子強化本部長“のご夫妻であります。

告発者である女性選手やOGである有名選手、池谷幸男さんなどの発言などを聞いている分には、パワハラがあったかどうかには別にしても、塚原夫妻の権限はかなりのものと推測できます。

・・・今回はこの件にはあまり触れないでおきます。

私が個人的に気になったのは、“塚原光男”さんは”副会長”ということなんですが、相当な権力をお持ちの副会長のさらに上にたつ”会長”はだれなのか?ということです!

2018年現在の会長や歴代の会長についてまとめてみました。

スポンサーリンク

現在の会長はだれ?

日本スポーツ協会のホームページを拝見し、会長さんはだれなのかなぁ~と探してみました。

みぃ~っけ!笑

2018年現在の日本スポーツ協会の会長さんは”伊藤雅俊”さんという方のようですね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2136249745843953301/2…

2017年に就任された第16代目の会長さんで、本業は味の素株式会社代表取締役会長だというから驚きですね!

歴代の会長さんもすごい人物ばかりなので紹介していきますね。

歴代の会長

さっそく参りましょう!

日本スポーツ協会歴代会長一覧

初代:嘉納治五郎(明治44~大正10)

“柔道の父”ともよばれ、柔道をはじめとするスポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力。

・講道館創始者

・日本初のIOC委員

・東京高等師範学校校長(現・筑波大学)

第2代:岸清一(大正10~昭和8)

日本のスポーツ界発展のために尽力し、”近代スポーツの父”と慕われている。

・弁護士

・政治家

・IOC委員

・法学博士

第3代:大島又彦(昭和11~昭和12)

大日本帝国において、陸軍中将を務めた。

第4代:下村宏(昭和12~昭和17)

・貴族院議員

・日本放送協会会長

・国務大臣

第5代:平沼亮三(昭和21)

・横浜市長

・政治家

・東京六大学野球連盟会長

第6代:東龍太郎(昭和22~昭和33)

・医学博士

・東京都知事

・IOC委員

第7代:津島寿一(昭和34~昭和37)

・日銀副総裁

・大蔵大臣

・防衛庁長官

第8代:石井光次郎(昭和37~昭和50)

・朝日新聞専務取締役

・衆議院議長

第9代:河野謙三(昭和50~昭和58)

・参議院議長

第10代:福永健司(昭和58~昭和63)

・衆議院議長

第11代:青木半治(平成元年~平成5)

・日本陸上競技連盟名誉会長

・東京都名誉都民

・青木金属興業代表取締役

第12代:高原須美子(平成5~平成7)

・経済評論家

・女性初の日本スポーツ協会会長

・民間官僚として経済企画庁長官

第13代:安西孝之(平成7~平成17)

・昭和電工専務取締役

・昭和エンジニアリング社長

第14代:森喜朗(平成17~平成23)

・第85,86代内閣総理大臣

・東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長

第15代:張富士夫(平成23~平成29)

・トヨタ自動車株式会社名誉会長

第16代:伊藤雅俊(平成29~)

・味の素株式会社代表取締役会長

まとめ

いかがだったでしょうか?

もう、経歴がすご過ぎな方ばっかりでしたね!

今回の問題も報道のされ方ひとつで視聴者の思いはガラッと変わるだろうし、どちらが良い悪いのかなんて実際のところは分かり得ません。

今いま東京オリンピックが開催されるってのにさ、こんなことしてないで、すばらしい環境を整えていただき、金メダルを期待したいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です