マイホームの広さの理想は?3LDKの一戸建てに暮らしてみた感想!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは。

すずき“です。

このページにお越しいただいているということは、マイホームに興味があるということなんでしょうね!

・・・もしくは”すずき”に興味がある!?笑

・・・失礼致しました!

つまんないし、スベることは目に見えていたのですが、言いたくてしょうがない気分に陥ってしまいました。

まぁ、こんなんスベったところで別になんも変わらないですけどね。

もしかしたら一部の方には不愉快な思いをさせてしまったかもしれませんが・・・すんません。

しかーし、マイホームに関してはスベった(失敗した)ら、経済的にも精神的にも影響は計り知れません!

世の中には年収1000万円overの強者がたくさんいらっしゃいますが、平均年収400万円の時代ですから多くの人にとってマイホームは夢であり、人生で一番高い買い物になると思われます。

絶対に失敗はしたくないですよね!

私は妻と保育園に通う2人の息子と4人で暮らしています。

2012年に購入した3LDLの一戸建てのマイホーム!

はや6年ほど住んでいます。

人間、無いものねだりなところがありまして、次々に”こうしたらよかった“という不満が湧いてくるものです。

実際にマイホームに住んでみての感想を紹介することで、これからマイホームの購入を検討されている皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

広さの理想は?

マイホームを購入するにあたって、価格やハウスメーカー・外観など、いろいろと悩みのタネが盛りだくさんです。

そしてそのひとつにに”家の広さ“がありますね!

いわゆる”建坪“です。

理想建坪=住人×10坪とよく耳にします。

一概に”坪”とは言っても、専門の知識がないとなかなかピンときませんよね。

簡単に説明すると

1坪=3.3㎡(平米)=約2畳(帖)になります。

実際に暮らしてみて!

ちなみに私は家族4人で建坪30の3LDKに暮らしています。

一階に20帖のLDKのみで、二階に8帖・6帖×2の3部屋という間取りになっています。

4人家族ですので理想建坪にあてはめると10坪ほど少ない計算になりますね。

実際に暮らしてみての感想としては”我慢はできる“というような感じです。

今は子供が小さいこともあって8帖の寝室に4人で寝ているので、6帖の部屋2つがまるっと空いている状態にあります。

このため、1部屋を私の書斎兼趣味部屋として使えています。

しかし、将来的に子供にそれぞれ1部屋を与えると考えるとちょっと窮屈かなと思います。

また、リビングがそこそこ広めですが、子供の遊び部屋やお昼寝部屋として、来客があったときの客間として、1階にもう1部屋欲しいというのが本音になります。

やはり、いくら仲の良い家族だとしても1人になりたいこともあると思いますし。

まとめ

いかがだったでしょうか!

まぁ、理想建坪じゃなくても我慢はできますし、購入費用を低く抑えることができるメリットがあります。

しかし、一生に一度の大きな買い物ですからね。

広さや間取りなど、理想的なほうが絶対いいですもんね!

いろいろなモデルハウスに足を運んで、浮かれる気持ちを抑えて、冷静に考えてみることをオススメします^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です