浅見光彦シリーズ(平家伝説殺人事件)に合成疑惑!?キスシーンを考察!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは。

2018年5月21日、

浅見光彦シリーズが放送されました!

個人的にかなり大好きなドラマです^^

・・・とはいえ、俳優の平岡祐太さん演じる浅見光彦シリーズは3作目となりますが、平岡さんが演じているシリーズは今回はじめて拝見しました。

出典:https://twitter.com/Hiraoka_Staff/status/967591318…

まだまだまだ”浅見光彦シリーズ”愛が足りないと反省しております。

最近は俳優の中村俊介さんが演じている作品が多く、いい感じにマッチしているなと見ていたので、今回の作品は最初ちょっと違和感がありました。

それでも、これはこれでありだな~と思えて、楽しく見ることができました!

野際陽子さんがいないのが寂しいですけど・・・。

まぁ、おもしろかったんですが、気になった点もいくつかあったので考察していきます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

合成疑惑!?

普通にハラハラしながら見ていたのですが、事件も解決し、放送終了も間近のころでした。

光彦(平岡祐太)と佐和(吉川愛)が四万十川にかかる橋を渡っているシーンのこと。

周りの風景に変わりはないのに、光彦と佐和の2人だけの画質が悪くなります

なんだこれ~??と思いながらみていましたが、もうあきらかに不自然過ぎるんですよね!

ほぼ間違いなく合成なんじゃないでしょうか!

実際のところはわかりかねませんが、個人的にはべつに合成してもらってもかまわないんだけど、もうちょっと自然な感じでお願いしたいですね!

キスシーン

けっこうネットでは”本当にしてる?“とか”引きだからしてないな“など光彦と佐和がキスしているのかどうかで盛り上がっていますね!

しかし、私が注目したいのはその後の行動の意味

佐和が光彦に”離れたくない”と言って瞳を閉じます。

光彦は佐和の思いに応え、佐和にキスをします。

・・・しかし、次の瞬間、佐和は無言のまま光彦に背を向けるとそのまま振り返ることなく帰るべき場所へ帰っていきます。

それをみた光彦も無言のまま帰路につくのでした。

えぇ~!?これはどういうことですか~!!汗

この意味が全然理解不能で、モヤモヤモヤモヤするので個人的に考察してみました!

1、キス以前に光彦がフった説

キス以前に光彦が”佐和さんは高みに行ってしまった“的な発言をしていました。

それを佐和は”遠回しだけどフラれた“と感じたのかな?と思いました。

しかし、一度は光彦に抱いた恋心を精算するためのキスだったのかなと思いました。

2、”マウスtoマウス”じゃない説

佐和は”キスを求める“という相当な覚悟を決めています。

シチュエーション的にもなかなか勇気のいることだと思います。

光彦も戸惑う仕草もありましたが、佐和の想いに応えキスをします。

しかし、それが”マウスtoマウス“じゃなく、頬とかにキスした感じかなとも思えました。

ここまで頑張ったのに”なんで唇じゃないの?意気地なし!“的な思いがあったのかなとも思いました。

あくまでも個人的な考察です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まだまだモヤモヤが晴れません!

みなさんはどう思われますか?

スッキリできるようなご意見、お待ちしております!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です