菅井秀憲の音楽チャンプでの審査が厳しすぎ!経歴や年齢を調査した!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは!

毎週日曜日の夜10時頃から放送されている”音楽チャンプ“という番組があります。

村上信五さんと黒木瞳さんがMCを務め、歌手を夢見る若者がステージで歌い、それを4人の審査員が審査するというオーディション番組となっています。

個人的に好きな番組で、毎週欠かさず見ています。

うわぁ、この人マジ歌うまいな“とか”この人の声量ヤバイ“、”この人はビミョー“など、勝手に第五の審査員気取りで見ています^^

緊張感があったり、プロ歌手を目指す卵ちゃんたちですから歌唱力にもかなり波があります。

これはこれでプロ歌手だけが出演する歌番組にはない魅力があり、すんごい人が出てきたときの衝撃は絶大ですね!

そして、それとは別な楽しみ方があります。

審査員の一人に”菅井秀憲“さんという方がいるんですが、これがまた曲者というか辛口な方なんですよね!

褒めるなんてことはほぼないコメントばっかりなんですが、たまぁ~に褒められる人をみるとすごいなぁとか思い、ほっこりしちゃいます。

最近では菅井さんのコメントが気になって気になってしゃーない自分がいます!汗

それでもはじめの頃は”この人は何様なんだ!“って、いい印象はまったくなかったんですけどね。

そして、今になって菅井秀憲さんはどんな経歴をお持ちの方なのか気になって調べてみました。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

経歴や年齢

まずは簡単なプロフィールから紹介していきます。

出典:http://www.yutori528.com/archives/785

名前    菅井秀憲(すがいひでのり)

生年月日  7月6日生まれ

出身地   京都府京都市

最終学歴  武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒

職業    ボイストレーナー

大学卒業後はイタリア・ニューヨーク・ロサンゼルスと渡り歩き”発声”についてさらに深く学んだようです。

その後、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」仙台フィルハーモニー管弦楽団のバリトン独唱で出演したり、ニューヨークで公演も行いました。

また「ウィンザーの陽気な女房たち」ではDr.カーユス役にオーディションにて抜擢されデビューしています!

音楽素人なので私にはよくわからない話ばかりなんですが、それでも世界を股にかけていてすごい人物だということはわかりました。

その後は日本で数々のオペラやミュージカルに出演され、1995年から始まる”ASAYAN”ではモーニング娘。5期、6期、8期メンバーオーディションのボイストレーナーとして出演されています。

年齢だけが不詳なんですが、ASAYANに出演していたころが30歳前後と仮定すると2017年現在は47歳くらいになるということになります。

誤差を含めても40代半ば~後半といったところではないでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか?

なんか、すごい経歴の持ち主でした。

しかし、菅井さん自身”歌う”ことだけでは食べていくことができなかったようで、スター歌手になることからスター歌手を育てることにベクトルがかわっていったようです。

そんな背景があり、プロ歌手として食べていくことの厳しさ知っているからこその辛口コメントなんだなと改めて確信しました!

また、よく考えてみると”これ以上ない“と褒められるより”まだまだダメだ“と突き放されたほうがいい場合もあるかもしれませんね。

“まだまだ”ということは伸びしろがあるということですし、プロ歌手になっていない状況で”これ以上ない出来”と言われれば伸びしろがない・限界ともうけとれますからね!

視点をちょっと変えてみてみると、誰にでも優しいコメントを出すよりも好感がもてるかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です