ドラゴンボール超”孫悟空VSジレン”の結果は!?今後の展開を考察!!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは!

2017年10月8日にドラゴンボール超SPとして、1時間ぶっ通しで放送されました!

見所は予告にもあるように”孫悟空VSジレン“!!

出典:https://www.youtube.com/watch?v=wfvAashYZ0U

これまでに各宇宙最強の戦士同士の戦いをみてきましたが、その中でも全宇宙最強ともうたわれる”ジレン”と孫悟空の戦いは事実上の決勝戦のようなものです!

孫悟空もジレンの実力を認めた上で、その時まで体力を残しておくために力を温存しながらの戦いをしてきました。

時には強敵と対峙し、危なかった場面もありますが、チームワークでここまで残ることができています。

逆にジレンはというと、その素性は明らかにはなっていませんが、時折見せるその圧倒的実力で強敵をまさに”瞬殺“と言わんばかりの力で粉砕しています!

ジレン、マジでヤベ~!汗

そんな両者ですが、とうとう対峙することになりました!!

そして、結果はどうなったのか!?

※ネタバレを含みます

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

孫悟空VSジレン

ジレンが所属する宇宙の破壊神から孫悟空を倒すことを指示されるジレン。

ある程度、指示に従いながら戦っていたんだなという感じ。

ジレンが孫悟空と対峙すると、悟空もその気になったことを悟り、ジレンと戦うことを決意します。

静かに棒立ちしているジレンに対し、悟空は変身もせず通常時のまま攻撃していきます。

“強いとわかっている敵になんで最初からフルパワーでいかないんだ!?”

そんな思いがありましたが、”クリリン“がその答えをくれました。

悟空はジレンに自分の力を示している

徐々に力をあげていき相手の力を試すとともに、自分の力を相手に認めさせ、フルパワーの相手と戦いたいという武闘家の本能があるようです。

悟空は徐々にスーパーサイヤ人、スーパーサイヤ人ゴッド、スーパーサイヤ人ブルーとギアをあげていきますが、ジレンはいとも簡単に攻撃を捌いていきます。

ジレンが攻撃を始めれば、悟空は簡単にやられかけてしまうという苦しい展開で、全く歯が立ちません!

サイヤ人ブルーの20倍界王拳を使えば!?

そんな声が応援席からでますが、ビルスの額には冷や汗!

すでに使っている!

現時点で最強の状態を使っているのにも関わらず、ジレンに全く歯が立たないのです!

ここで悟空は自身最強の技”元気玉“を使うことを決めます!

元気玉といえば、これまでに数々の強敵を倒してきた大技です。

よっしゃ!キター!!笑

個人的には胸が高鳴ります!

しかし、元気玉は完成させるまでに時間がかかるという弱点があります!

それは難しいんじゃない?と思いきや、ジレンが完成するのを待ってくれるとのこと

えぇ~!男気ありすぎでしょ!?

それを聞いて心おきなく元気玉を作ると、チームのサポートもあり、立派な元気玉が完成!

そいや~!

元気玉がジレンめがけて放たれると、あのジレンが押されていきます。

そりゃそうだ!

しかし、徐々に元気玉が押し返されてきます!

悟空も力を入れて対抗しますが、完全に押し戻されて自爆!?

悟空が負けた!?

誰もが愕然とし、全王様も悟空をリストから削除しようと指を動かします。

そんな時!!

戦いが繰り広げられている武舞台や宇宙が震撼するほどのエネルギー!

“悟空しかいないだろ?笑”

強烈なエネルギーを発した”孫悟空”が光の中から現われます!

そのいで立ちは通常時の悟空のように見えますが、目の感じとか髪型とか、ちょっといつもと違っていますね!

・・・ギリギリのところで闘っているストレスやジレンという強敵が現われたことで、また一つ殻を破ったということです。

つまりは新形態!!

しかも、神々でさえ恐れ、極めるのが難しいとされる”身勝手の極意“を使いこなしているかのような戦いぶり!!

超パワーアップしたことで、ジレンに近い強さまでいきますが、それでもまだジレンに分があります。

どんだけ~!汗

そして、互角並みの戦いを繰り広げていた悟空ですが、覚醒モードから通常状態に戻ってしまい大ピンチ!!

ジレンとの勝負はまだついていませんが、悟空の圧倒的劣勢に変わりはありません。

今後の展開・まとめ

今回は決着まではつきませんでしたが、圧倒的にジレンが優勢ですね!

この戦いの決着がつけば、自身の宇宙が消滅してしまうとはいえ棄権してくる戦士もいそうというくらいの戦いです。

ジレンがラスボスと考えていいのか、ほかにもジレン並みの実力者がでてくるのか、そのへんが今後の見所の一つですね!

今後の展開に注目です^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です