厄介グリルでタイワンスジオが料理になっちゃった!味はどうなの?

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは!

鉄腕ダッシュの人気コーナー”厄介グリル”。

日本古来から生息する”在来種“を捕食したり、住処を奪い、生態系を崩してしまう原因となる”外来種“を捕獲して料理にしてしまうという人気コーナーです!

生態系を破壊する外来種を食べてしまおうって発想は生態系維持の面からいいことのような気もしますが・・・”生き物を食べる”って、個人的にはちょっと抵抗を感じました。

まぁ、牛肉を食べる・魚を食べる・カタツムリ(エスカルゴ)を食べる、考え方を変えれば普通のことなのかもしれないですけどね!

そして、今回の厄介者の外来種は”タイワンスジオ“という生き物です。

出典:http://www.para-gallery.com/hebi.html

そう、見ておわかりの通り”ヘビ”なんです!!

管理人の私はヘビが大の苦手でして、気持ち悪すぎて画像をつけることができませんでした!汗

考えるだけで身震いしちゃいます、すみません。

こんなん料理にせんといて~!!汗と思いますが、どんな料理で、どんな味になるのか紹介していきます。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

どんな料理?

今回”厄介グリル“のコーナーには国分太一さん・岡村隆史さん、そして爬虫類ハンターの加藤英明さんが出演されていました。

加藤さんは爬虫類の専門家として出演していたのはまぁいいとして、岡村さんが出演していたのにはちょっとビックリでしたね。

みんなで見つけたヘビに、加藤さんが毒があるかないかや捕まえ方を支持して国分さんと岡村さんが捕獲するという構図でしたね。

国分さんはめっちゃビビッてましたが、普通の人はそうなりますよね!汗

それに対し、岡村さんは積極的にヘビを捕獲していて、頼りがいある感じに見えましたし、個人的な好感度はかなり上がりました!

その捕獲したヘビをいつもの料理人さんのところへ持っていき、半ば反強制で料理してもらいます。

最初はヘビの皮を剥すところから!

自主規制が入り、皮を剥すところは音声のみ!

・・・いやぁ、ありがたいッス!!嬉

それでも皮を剥した後の状態はバッチリみせるんですね、オエッ!

捌いてみると、小骨が多いのが気になるそうなんですが、雰囲気は鶏肉に似ているんだそうです。

気づいてみれば”チキンサラダ風サラダ”の出来上がり~!!

出典:http://xn--n8j7a5a2i8joklc.com/blog/?p=992

画像はイメージなんですが、見た目はこんな感じ!

食材を聞かされなければ美味しく食べることができそうなんですけどね!汗

味はどう?

意外に、臭みやクセがなく、おいしいということらしいですね!

鶏肉に近い食感で、ささみのようなちょっとパサパサした食感。

まぁ、クセは仕方がないにしても、臭みとかは料理人の腕次第ってところじゃないですかね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

私は味が美味しくても食べてみたいと思いません!

私に共感して下さる方は多いと思います。

しかし、美味しいんなら食べてみたいという方もたくさんいらっしゃるんでしょうね!

その冒険心・好奇心は私も見習わなければいけないのかもしれません。

実際に食べることができる店があるのかどうかはわかりませんが、気になった方は探してみて下さい^^

関連記事

加藤英明(爬虫類ハンター)の年齢は?職業や年収についても調査!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です