太陽フレア”2017″日本への影響は!?私たちにできる対策を調査!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは!

ネットやニュースを見ていると”太陽フレア”の話題でいっぱいですね。

出典:https://matome.naver.jp/odai/2140981101408373101

フレア“なんて聞くと”ファイナルファンタジー“を思い出します!

あぁ~、あの頃は楽しかった~なんてね!笑

べつにふざけてるわけじゃないんですけど、ふとそう思っただけで悪意はありませんのでお許しください。

本題に入りますと、

今回の大規模太陽フレアは9月6日に発生したもので、通常太陽全体からでる1000倍の強さのX線が観測されました。

この規模の太陽フレアは11年前の2006年に観測されて以来ということで注目を集めているようです。

専門家でもないと、どのくらいすごい・ヤバイことなのか?っていうことはなかなかわかりません!

それでも、私たちに降りかかる可能性のある影響や対策について簡単にまとめました!

ご参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

日本への影響は!?

地球全体に及ぼす影響や諸外国のことも気になりますが、人間、やっぱり”我が身がかわいい“ですよね。

我が身を徹して他人を救える人“もいると思いますが、そんなのは一部の人間だと思います。

きれいごとを言わせていただくと

自分すら守れない奴が他人を守れるわけがない“と思います。

日本への影響は、停電や通信障害が起きる可能性があります!

しかし、太陽フレアの影響がでるまでに2~3日かかるということがわかっていて、最近ではあらかじめ注意喚起を促すことで大きな影響はでていないようです。

今回の太陽フレアの影響は9月8日15時ころから出始める可能性があるとされています!

影響がまったくないとは言い切れないので、前もって対策しておくことが重要になってきます。

私たちにできる対策

私たちにできる対策はないのか調べてみました。

しかし、有効な対策はありませんでした

ただ、停電や通信障害が起こる可能性を踏まえての最低限の対策として

1、水・食料の備蓄

2、電化製品はコンセントを抜いておく

3、現金をおろしておく

4、懐中電灯などの準備

などがあります!

1に関して、停電による混乱やライフラインの停止等を想定し、最低でも2~3日分の水や食料を備蓄しておいても損はありません。

2に関して、電磁波の影響で電化製品が故障してしまうこともあるようなので、コンセントを抜いて完全オフ状態にしておいた方が無難ですね。

3に関して、停電により銀行ATMも使えなくなる可能性があるので、ある程度の現金をもっておいたほうがいいかもしれません。

4に関して、停電して場合に備えて懐中電灯などの光源は必要ですね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

大規模太陽フレアが発生したのは事実ですが、日本に与える影響というのは可能性でしかありません。

しかし、影響を与える可能性もあるわけで、もしもに備えて準備しておくことに越したことはありません!

できれば影響がでないことを祈りたいところではありますが・・・。

あなたはどうしますか??

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です