シンシン赤ちゃんの公開時期や名前は!?パンダの寿命が気になる!

スポンサーリンク

はじめに

どうも、こんにちは!

今日は久しぶりにほっこりするような嬉しいニュースが舞い込んできました!

上野動物園で5年ぶりにパンダの赤ちゃんが誕生!!

出典:http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H8V_S7A610…

同動物園で飼育されているジャイアントパンダの”シンシン(11歳)“が2017年6月12日に5年ぶりとなる赤ちゃんパンダを出産しました!

日本では飼育数が少なく、人気動物でもあるパンダです。

そのパンダの赤ちゃんときたら非常に愛くるしい見た目もあり、人々の関心は高いですね。

公開時期や名前、そしてパンダの寿命が気になったので調べてみました!

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

赤ちゃんの公開時期や名前は!?

赤ちゃんパンダの公開時期1ヶ月後の6月下旬から7月上旬あたりではないかと思われます!

パンダの赤ちゃんは生まれてからの1週間が山場と言われており、過去にも1週間以内に死亡してしまうという痛ましい例が多々あります。

2012年に上野動物園で生まれた赤ちゃんパンダも生後6日で亡くなっています。

出典:http://monchiblog.exblog.jp/3029514/

赤ちゃんパンダは生まれたときの体重は100g前後で、100kg以上ある親パンダの1000分の1ほどしかありません。

体温調節機能なども弱いみたいですね。

生後1週間という山場を越して、1ヶ月ほどになると体毛も生え揃い安定するようなのでその頃なんだと予測できます。

パンダ保護の観点や経済面など、多くの意味合いでパンダは動物園だけでなく人々の宝です。

公開になっても最初の頃は時間を決めての限定公開になる可能性もありますね。

名前についてですが、過去例をみますとその多くが公募の中から決まっているようです。

だいたい公開時期である1ヶ月前後くらいから公募を始める傾向にあるようですね。

今回出産した母親パンダである”シンシン“はじめ、日本で飼育されてきたパンダのほとんどが”リンリン“とか”ランラン“という感じの名前になっています。

この流れは続いていくと思われるので、公募の際にはそういった背景を考慮しながら考えていただくといいと思います^^

また、同時に漢字も考えていただくとなおいいのかもしれません。

自分が考えた名前が赤ちゃんパンダにつけられたら素敵な話ですね!

パンダの寿命は?

ふと気になった疑問!

パンダの寿命はどのくらいなんだろう?

調べてみると、飼育されているパンダと野生のパンダでは少し平均寿命が違うようなんですが、平均で20歳くらいということです。

思っていたより長生きでビックリです!

飼育されている方が平均寿命が長いようなんですが、栄養管理や体調管理がしっかりされているからでしょうね。

世界に目を向けると、40年近く生きたパンダもいるそうですよ!

これは人間の年齢に換算すると約110歳という超高齢なんだそうです!

日本にいるパンダちゃんたちも長生きしてほしいですね~。

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここ数年上野動物園には行ったことがなかったんですが、久しぶりにパンダが見たくなってきました!

でもせっかくなので、赤ちゃんパンダ公開に合わせて行きたいですね。

そして、その前になにより、赤ちゃんパンダにはがんばって生きてほしいと願うばかりです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です