超スーパーヒーロー大戦ネタバレ!主要キャストや感想を紹介!

スポンサーリンク

はじめに

どうも~、こんにちは!

リンと申します^^

2017年3月25(土)より映画”仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦”が公開されています!

出典:http://trnbrg.jugem.jp/?eid=111

・・・相変わらず戦隊モノの映画のタイトルは長いですね!笑

公開から1週間、4歳になる息子と見に行ってきました。

どんな内容だったのかネタバレや感想を綴っていきたいと思いまーす。

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

ネタバレ

ここは韓国のある繁華街。

イスに座ってDSのようなゲーム機でゲームをしているおじさんがいた。

すると、ゲーム機から光が飛び出したかと思うと、その光は空高い場所で超巨大な円盤型宇宙船となり、無造作に人々や街を攻撃し始めるのだった・・・。

聖人大学附属病院に傷だらけで運び込まれた女性・・・それはあむ(ジュウオウタイガー)だった!

人間とはかけ離れた骨格をしたあむのレントゲン写真を見て戸惑うも、ペンギンだろうがなんだろうがオペしてやると強気なひいろ

一命をとりとめたあむは、えむひいろに未知なる敵と戦い負傷したこと、ジュ―ランドが壊滅状態であることなどを話すが、ひいろあむの身体の構造に興味津々。

・・・すると、窓の外に突然キュウレンオーが現われ、驚きながらもキュウレンオーが降り立った場所へ向かうポッピーピポパポ・えむ・ひいろ

キュウレンオーに捕まりそうになるポッピーをなんとか救助するえむひいろ

そこへキュウレンジャーがやってきて、ポッピーを渡すよう要求するがそれを拒むえむひいろ

話がまとまらないと思うな否や実力行使に出る両者はそれぞれ変身してバトル勃発!

両者互角の戦いを繰り広げる中、道に落ちていたゲーム機から新たな敵が出てくるもエグゼイド・ブレイブ・キュウレンジャーたちで殲滅。

いったん変身を解き、もう一度話し合う両者。

キュウレンジャーの言い分としては”敵がゲームの世界からやってくるため、ゲームの世界と現実世界を自由に行き来できるポッピーが怪しい“とのこと!

病院に戻ったひいろの前にバランスナーガ・レイが現われる!

バランスひいろに”えいと君が関わっているんじゃないか!?“と突き詰めると動揺を隠せない様子。

バランスは自身の能力を使ってコンピュータをハッキングし、情報収集していたのだ!

えいとはひいろがアメリカから帰って来てからの初めての患者。

10歳くらいなのに感情が無いに等しく、何に対しても興味がないような少年。

そして大人にも負けないプログラミングの天才

あるとき”おれは治りたいと思う患者にしかオペはしない“というひいろに対し、”じゃあ、いい“というえいと

その後えいとはパソコンで制作していた”超スーパーヒーロー大戦“というゲームを完成させたと同時にパソコンに吸い込まれ、消えてしまう!

ひいろにとっては、後悔の念やミスをした自分を受け入れられずに、自分と向き合うことが出来ず心の奥底に閉まっていた苦い記憶

ゲームの世界に手掛かりがあることを頼りに、ポッピーピポパポあむがゲームの世界へと入っていく。

次々に現われる歴代仮面ライダーやスーパー戦隊と戦いながらも調査を進めていく。

仮面ライダーやスーパー戦隊たちもゲームの世界とはいえ、人々の平和を守りたいという意志はあるらしいが、ゲームの世界のルールとして戦わなければいけないらしい。

あむポッピーの調査により、えいとが現実世界とゲームの世界をつなぐ装置を作ったこと、そしてゲームの世界のひいろが後ろで手を引いていることが判明!

えむたちは、”えいと君の奪還“と”現実世界とゲームの世界のルートの遮断“・・・そして、現実世界に現われた手に負えない程の数の敵を倒すためゲームの世界の仮面ライダーやスーパー戦隊にも手助けしてくれるようゲームの世界のひいろに頼む。

すると、ゲームの世界のひいろは”ゲームの世界にはゲームの世界のルールがある“といい、5人1組のチームでトーナメント戦をして優勝したら望みを叶えてもらえることに!

えむがエグゼイドとして乗り込むが、残りの四人はゲームの世界の中から自由に選べるというシステム。

・・・苦戦するも何とか優勝することに成功!

その頃、現実世界のひいろはゲームの世界のひいろに会いに来ていた!

ゲームの世界のひいろも理由はどうあれ、えいとを助けてやりたい気持ちらしい

過去の苦い記憶をつかれ劣勢のひいろだが、自分と向き合い、苦い記憶も受け入れることができたひいろは”おれはこのゲームが出来たときより強くなっている!“と本来の力を発揮し、ゲームの世界のひいろに勝利する!

その後ひいろは、現実世界とゲームの世界をつなぐ光のルートを遮断すると一同は現実世界へ!

現実世界ではいまだに激しい戦闘が続いているが、いつものように敵が巨大化して迫ってくる!

そこへキュウレンジャー全員出動した上、ラッキーが操縦するシシボイジャーが分身し、2体のキュウレンオーが完成!

・・・しかも、エグゼイドもキュウレンオー並に巨大化し、3体で敵を倒す!

すべてが終わり、ゲームの世界の住人はゲームの世界へ、そしてキュウレンジャーたちも戻るべき場所へ帰っていった。

主要キャストや感想

今回の映画には仮面ライダーエグゼイドやキュウレンジャーに出演しているキャストはじめ、歴代仮面ライダーやスーパー戦隊が目まぐるしいほどに登場してきました。

冒頭からエグゼイド・ブレイブ・スナイプvsキュウレンジャーの戦闘シーンがあり、とてもドキドキする展開!

ストーリー構成としては仮面ライダーエグゼイド色が強いストーリーだったと思います。

私の息子はエグゼイド・キュウレンジャー共に好きな上、過去の戦隊モノにも興味がありDVD等で見ていたので大興奮の内容だったと思います。

しかし、中には”エグゼイドの方が好き“とか”キュウレンジャーの方が好き“と、どちらかに偏るお子さんもたくさんいらっしゃるようですね!

キュウレンジャーだけが好きというお子さんにはあまりオススメできない内容かもしれませんね。

そして、個人的な感想として、おもしろいはおもしろいです!

そこは間違いないんですが、仮面ライダーやスーパー戦隊がごちゃごちゃ出てき過ぎて、お腹いっぱい過ぎです!

朝っぱらから超こってりのラーメン食べるような気分!笑

そして、上映時間が2時間弱というのもちょっと長いかなぁ~って感じでもありましたね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

まぁ、ちょっと批判的な意見も書かせてもらいましたが、個人的な意見の一つとして受け流して下さいね^^

それでも、ひいろかっこよかったですし、ポッピーピポパポはかわいいし、久しぶりにあむも見れたし満足満足!

ここまで読んでいただいて本作品に興味がある方はぜひ劇場へ足を運んでみてはいかがでしょうか^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です