WBC2017″侍ジャパン”のキャリアハイ・通算成績を比較してみた!

スポンサーリンク

はじめに

どうも~、こんにちは!

2017年WBC(ワールドベースボールクラシック)が絶賛開幕中ですね!!

出典:http://www.wbc2017.jp/

4年に1度しか開催されないので、普段見ているレギュラーシーズンのゲームともまた違った楽しみ方があります!

侍ジャパン“というくらいですからその名の通り”日本代表“です!

セ・パに分かれるオールスターゲームとも違い、セ・パの枠を越えたオールスターですからそりゃとんでもないメンバーが揃ってますね!

各メンバーが各チームの顔であり、日本プロ野球界でトップクラスの選手なのでプロ野球ファンであればどのくらいすごい選手たちなのかはわかると思います。

しかし、各選手のキャリアハイや通算成績はある程度調べないとわからないと思いますし、個人的に比較して見たかったのでまとめてみました^^

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

キャリアハイ・通算成績を比較

侍ジャパンのベンチ入りメンバー含め、全員の成績を紹介したいところなんですが、あえてしません。

個人的には3月8日に行われたオーストラリア戦の先発メンバーがベスト布陣だと思うので、そのメンバーの成績を紹介していきます。

先発メンバー

1番DH 山田哲人 24才 180cm/76kg

キャリアハイ 2015 打率.329 本塁打38 打点100

通算成績 安打632 本塁打109 打点318 打率.312

史上初の2年連続トリプルスリーを達成して3年連続も射程圏内です。

2番二 菊池涼介 26才 171cm/72kg

キャリアハイ 2014 打率.325 本塁打11 打点58

通算成績 安打691 本塁打45 打点215 打率.282

守備での貢献度は計り知れません。

3番中 青木宣親 35才 175cm/79kg

キャリアハイ 2010 打率.358 本塁打14 打点63

通算成績 安打1965 本塁打112 打点569 打率.313

唯一のメジャーリーガー。

4番左 筒香嘉智 25才 185cm/97kg

キャリアハイ 2016 打率.322 本塁打44 打点110

通算成績 安打562 本塁打110 打点351 打率.286

2016シーズンは完全に覚醒!3冠王に最も近いとの呼び声高い。

5番一 中田翔 27才 183cm/95kg

キャリアハイ 2015 打率.263 本塁打30 打点102

通算成績 安打866 本塁打161 打点576 打率.257

打率の低さが目に止まるが、ここぞの勝負強さはピカイチ!

6番遊 坂本勇人 28才 185cm/80kg

キャリアハイ 2016 打率.344 本塁打23 打点75

通算成績 安打1402 本塁打150 打点578 打率.286

安打1400本には正直驚きました!

7番右 鈴木誠也 22才 181cm/83kg

キャリアハイ 2016 打率.335 本塁打29 打点95

通算成績 安打237 本塁打35 打点128 打率.315 

2016年に覚醒した1人。今後が期待の若手です。

8番三 松田宣浩 33才 180cm/87kg

キャリアハイ 2015 打率.287 本塁打35 打点94

通算成績 安打1231 本塁打188 打点662 打率.275

まだまだ衰え知らずのベテラン。

9番捕 小林誠司 27才 178cm/83kg

キャリアハイ 2016 打率.204 本塁打4 打点35

通算成績 安打149 本塁打8 打点62 打率.218

捕手としてのリードに期待しましょう。

まとめ

こうやってみると、今後の活躍が期待される若手がたくさんいますね!

近い将来、メジャーに行っちゃう選手もいるかもしれないけど、こうやってプロ野球界を盛り上げてくれるような選手が多いのは嬉しいことですよね!

WBCも世界一を目指して頑張ってほしいと思うし、国際大会の経験をシーズンに活かしてさらなる高みを目指してほしいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です