映画「何者」のキャストがヤバイ!あらすじや原作者を調べてみた!

スポンサーリンク

はじめに

どうも~、こんにちは!

季節は秋・芸術の秋ですね~!

昼夜の寒暖差も大きくなってきたので、体調を崩されないようにお気をつけ下さいね。

さて、今冬に先駆け、面白そうな映画が続々公開しています!

今、私が注目しているのが「何者」という映画。

movie

出典:http://musit.site/301

タイトルを聞いただけではさっぱり内容がわかりません

しかし、予告を見るとかなり引き込まれます!

大学生の就活を今風に描いた作品で、就活を通じて微妙に変化していく人間関係をリアルに観察していくことができるようです。

今回は「何者」について、事前に予習しておきたいと思います^^

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

「何者」のキャストがヤバイ!

「何者」のキャストの何がヤバイって

そら、キャストが豪華過ぎるっしょ!!!

佐藤健・有村架純・二階堂ふみ・菅田将暉・岡田将生・山田孝之

誰もが主役張れるような、今が旬の役者さんばかりです!

これだけ豪華なメンバーが揃う作品はなかなかお目にかかれないと思うので、ぜひ見てみたいですね。

あらすじ

ひとつの部屋に集まった5人の男女。

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤健)

拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)

瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)

拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)

就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良(岡田将生)

理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。

それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。

「私、内定もらった・・・。」

やがて「裏切り者」が現われたとき、

これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。

人として誰が一番価値があるのか?

そして自分はいったい「何者」なのか?

いま、彼らの青春が終わり、人生が始まる。

原作者

「何者」の原作者は、朝井リョウさんという方ですね。

本名・佐々井遼さんは1989年5月31日生まれで、2016年現在は27歳となっています!

平成生まれの期待の若手ですね!

早稲田大学文化構想学部を卒業されており、「何者」以外の代表作には「桐島、部活やめるってよ」があります。

まとめ

作品中の登場人物は、ほぼ5人だけという内容になっています。

5人のやり取りだけで2時間弱の放映時間もつのか!?って思ったりもしちゃいますよね!

ますます気になってきました!汗

公開日は10月15日(土)です!

みなさん、お見逃しなく^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です