林家たい平24時間マラソン決定!歴代ランナーから走行距離を予想!

スポンサーリンク

はじめに

どうも~、こんにちは!

いいお天気が続きますね!

私の住む地域では真夏日に迫る29℃を記録し、いよいよ夏っぽくなってきました!

基本的に汗をかくことは嫌いじゃないんですが、何もしていないのに暑いから汗が出るというのはあまり好きではありません!

どうせならスポーツなどで爽やかな汗をかきたいですよね!

スポーツの秋とはよく言ったものですが、夏の風物詩といえば「夏の甲子園」があります!

くじ引きによるトーナメント戦で、負けたら終わりという一発ゲームなこともあり、毎年感動やドラマが生まれます。

そういった醍醐味もあり、野球やプロ野球には興味がないけど夏の甲子園は欠かさず見る!という高校野球ファンもいるくらいです。

」に劣らず、「」もスポーツの盛んな季節ですよね!

さて、私の地元では毎年「全国マラソン100選」にランクインするマラソン大会が開催されるのですが、その影響もあり、昼夜問わず軽快に走るランナーをよく見かけます。

そういう光景を見ると、私も無性に走りたくなりウズウズしてきちゃいます!笑

マラソン」と言えば、毎年8月に放送される「24時間テレビ」の24時間マラソンランナーが発表されました!

2016年24時間マラソンは落語家の「林家たい平」さんに決定しました!

出典:http://anincline.com/hayashiya-taihei/

笑点」メンバーとして有名な方ですよね!

意外っちゃ意外だったんですが、毎年楽しく見ている企画です。

歴代のランナーを見ながら、林家たい平さんが走る走行距離をいち早く予想し、みなさんにお届けしたいと思います!

どうぞご覧ください。

スポンサーリンク

林家たい平24時間マラソン決定!

2016年5月29日放送の「笑点」で、林家たい平さんが24時間マラソンランナーに決定しました!

笑点は、ちびまる子ちゃんやサザエさんを小さい頃から見ていた兼ね合いもあり、よく見ていました。

林家たい平さんに関しても、新メンバーになった頃から見ていますし、その明るいキャラクターには好感を持っていました!

まずはファンの1人として、「おめでとうございます!」の言葉を送りたいですね!

歴代ランナーをチェック!

まずは、歴代ランナーの年齢や走行距離を確認していきたいと思います!

※年齢は当時のものです。

2015年 DAIGO 37歳 100km

2014年 城島茂 43歳 101km

2013年 大島美幸 33歳 88km

2012年 佐々木健介・北斗晶ファミリー 120km

※佐々木健介 46歳 北斗晶 45歳 長男 13歳 次男 9歳

2011年 徳光和夫 70歳 63km

2010年 はるな愛 38歳 85km

2009年 イモトアヤコ 126.585km

2008年 エド・はるみ ?歳 113km

2007年 萩本欽一 66歳 70km

2006年 アンガールズ 田中・山根 30歳

2005年 丸山和也 59歳 100km

2004年 杉田かおる 39歳 100km

2003年 山田花子 28歳 110km

2002年 西村知美 31歳 100km

2001年 研ナオコ 48歳 85km

2000年 トミーズ雅 40歳 150km

1999年 にしきのあきら 50歳 110km

1998年 森田剛 19歳 100km

1997年 山口達也 25歳 100km

1996年 赤井英和 37歳 100km

1995年 間寛平 46歳 600km

※阪神大震災があったため、神戸から東京まで1週間で走った。

1994年 ダチョウ倶楽部 100km

※肥後・寺門 31歳 上島 33歳

1993年 間寛平 44歳 200km

1992年 間寛平 43歳 153km

今をトキメクような人から懐かしい人で様々ですね!

基本は100km前後、あとは年齢などを考慮しながら距離が上下するものと思われます!

林家たい平の走行距離は?

個人的な予想では、林家たい平さんの走行距離は70~80km程ではないかと思います!

予想ポイント1

・2016年現在51歳での24時間マラソン挑戦は歴代4番目の高齢であるということ!

2011年の徳光和夫さんは、70歳で走行距離は63km

2007年の萩本欽一さんは、66歳で走行距離は70km

2005年の丸山和也さんは、59歳で走行距離は100km

林家たい平さんは、見た目もお若く、とても51歳には見えません!

ですが、体力は20代を境に下降する一方です。

普段から運動する習慣があったとしても、キツイものはキツイと思うんですよねぇ!汗

予想ポイント2

膝に爆弾を抱えている!

数年前から(膝に)サポーターをしている状態なので不安。

もしも痛めてしまって正座ができなくなったら本業の落語もできなくなってしまいますので、(トレーナーの)坂本先生に見てもらいながら走り切りたい。

林家たい平さんは上記のように語っています。

特に予想ポイント2膝の状態が思わしくないことや、本業にも影響が出る可能性も否定はできない点に注目です!

今や「師匠」とまで呼ばれるようになった方です。

大好きな落語が出来なくなるくらいなら出演を回避することも出来ただろうし、そういった旨は制作側にももちろん伝わっていると思います。

制作側としては、基本的に時間内でゴールをしてもらいたいだろうし、その辺を踏まえて適正距離を導き出すでしょう。

それが大体70~80kmかな、と。

100km走ったら大したものですよ!

くれぐれも無理はなさらぬようにお願いしたいですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

完全に私の個人的な予想ですが、いい線いってると思うんだよなぁ~!笑

まぁ、戦場は違えど、数々の試練を乗り越えて来たんでしょうから、たとえ何kmになったとしてもきっとやってくれるハズです!

出典:http://laughy.jp/1420441411756181777

・・・そう信じて、林家たい平さんをがんばって応援したいと思います^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です