朝青龍の現在の姿!実業家として成功し年収がヤバイことに!?

スポンサーリンク

平成の大横綱「朝青龍」

IMG_3233

2016年現在引退から6年が経った今でも、「朝青龍」という横綱がいたことは記憶に新しいというか斬新なイメージとして脳裏に深く刻まれています。

大相撲に興味がなくても知らない人がいないくらいの知名度を誇り、なにかと話題はつきませんでしたね!

当時の大相撲界で彼の強さは圧倒的で、見ていても「絶対朝青龍に勝てる力士はいない!」と思ってしまうほどの強さや安定感がありました。

そして、長い大相撲の歴史がある中で、幕内での優勝回数は歴代4位の25回を数えます!

引退したときの年齢は30歳手前。

ピークは過ぎていた感は否めませんが、それでも引退の理由の一つとして横綱としての品格・素行不良に対するバッシングを受けたこともあると思います。

体力の衰えが著しく低下し始める30」という節目の年。

しかし、まだまだ余力はあったと思いますし、30代でも第一線で活躍なさっている方もいますから、残念というほかなりません。

そんな朝青龍氏に焦点をあてていきたいと思います!

スポンサーリンク

朝青龍の現在

IMG_3234

引退後は日本のメディアにちょいちょい顔をだしたり、CM出演など、お顔を拝見する機会は多かったと思います。

最近はパッタリ見ることがなくなりました!

最近の高校生くらいだと朝青龍を知らない方も多いかもしれませんね!笑

風のウワサでは、母国モンゴルで実業家として成功しているなんて話も聞いたことがあります!

その時点での信憑性はなんとも言えませんでしたが、どうやら「本当」らしいです!

そもそも、モンゴル人にとって日本の大相撲というのは憧れであり、モンゴル出身の大相撲力士は母国では国民的スターみたいですね!

それが横綱ともなれば別格中の別格!

ビジネス等を始めるにしても、始めやすい環境などがあるのかもしれません。

実業家としての年収は?

どんなお仕事で成功しているのか気になったので調べてみました!

・・・どうやら農業のようですね!

IMG_3236

すごく楽しそうな朝青龍氏ですね!

元横綱だけに四股のポーズで紹介しています!笑

これは「蕎麦(そば)」の原料になる花の畑なんだそうです。

その広さは驚愕50万ヘクタールとも言われています!

・・・これは東京ドームがなんと・・・と思ったんですが次元が違います!汗

なんと、関東地区全域に匹敵する広さなんだそうです!

開いた口が塞がらない」という言葉がふさわしい限りです。

国土面積が日本の約4倍強あることや人口比率の違いなども背景にはあるのでしょうけど、それでもすご過ぎですね!

気になる年収は数億円以上ともいわれています!

まぁ、これだけの規模ですから納得です。

まとめ

朝青龍氏の身長は184cm、現役時の体重は150~170kgほどだったと思いますが、決して体の大きい力士ではありません。

ガッチリした筋肉質の身体つきが印象的です。

もちろん、力や体感も強かったと思いますが、同時に勝負勘というのもズバ抜けていたんだと思います!

要は「頭のきれる人間」。

きっと実業家として成功された背景には、惜しみない努力と経営者の資質というか才能もおおいにあったのでしょうね!

これからもがんばっていってほしいですね!笑

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です