育休議員・宮崎謙介の経歴がすごい!過去にも女性問題アリ?

スポンサーリンク

宮崎謙介議員の経歴

IMG_3166

本名   宮崎謙介

生年月日 1981年1月17日

出生地  東京都新宿区

最終学歴 早稲田大学商学部

所属政党 自由民主党

身長   188cm

体重   78kg

血液型  O型

東京都で誕生し、2~7歳までの5年間、父親の仕事の都合でフィリピンで過ごしたようです!

たとえどこの国であれ、日本以外の外国で幼少期を過ごすってすごいですよね!

いわゆる帰国子女ともいうんですかね、なんかこの時点でエリートの匂いがプンプン漂ってきます!

フィリピンではピリピノ語(かんたんに言えばフィリピン語)公用語になっていますが、第二公用語として英語が用いられ、大体の人は英語も堪能なんだそうです

2歳といえば、だんだんと物心がつき始める年齢ですし、言葉を話し始める年齢でもあります!

両親が普段、日本語でしゃべっていたとしても、この言語機能発達期から5年間もまわりが英語を話す人たちに囲まれているわけですから、きっと英語もある程度堪能なんでしょうね!

日本に戻ってからも、早稲田大学高等学院を卒業、早稲田大学に進学、早稲田大学商学部をご卒業されています!

なんか、ほんとにトントン拍子にエリートの道を最短距離で進んでいる感じですごいですね!

その後、日本生命保険に入社、転職を経て、若干26歳時に会社を企業しています。

そして、2011年31歳時に衆議院議員初当選!!

・・・凡人の私には、もうドラマのような、デキ過ぎな人生を歩んでいるように見えます!汗

まぁ、完璧過ぎるが故の、本人にしかわからないプレッシャーやストレスはあったのかもしれませんけどね。

スポンサーリンク

育休取得宣言で話題に!

IMG_3165

2015年5月19日に、同じ自民党衆議院議員でもある「金子恵美」議員との結婚を発表しました!

国会議員同士の結婚なんてすごいな!というのが正直な感想。

IMG_3167

奥様である「金子恵美」議員。

ほんとにおきれいな方です!

女優さん顔負けですね!笑

金子議員の出産を控えた2015年12月、「男性が育児休暇を取ることによって職場で冷遇されるのではないかということが障壁になっている中、国会議員が先例となって率先して育児に参加したい」というような発言をされました!

世の中、女性でも育児休暇がなかなか取れない方が多いという現実がある中で、ましてや男性が・・・っていう風には一般社会では不可能に近い感じもします!

かなり賛否両論がありましたが、国会議員(男性)については決まりがなく(前例もおそらくない)、国会で議論してみては?という流れになったようです。

うぅ~ん、かなり思い切った発言をされたな、と思いましたし、共感できる部分もなくはないですが、それでも税金で給料をもらっている国会議員さんですから、快く賛同はできない部分はありますよね。

不倫騒動が発覚!

2016年2月5日に第一子となる長男が誕生しました!

おめでとうございます!

・・・ただ、金子議員が出産のために入院していた1月30日から31日にかけて、「宮崎議員が自身の選挙区にある京都市伏見区内の自宅マンションに女性タレントを招き入れ、ともに宿泊した」と週刊誌がスクープしています!

・・・身の程をわきまえて、軽率な行動は慎んでいただきたい!と私も含め、多くの方が思っているのではないでしょうか?

なにより、奥さんである金子議員がかわいそうで不憫でなりません。

どの口が「育児休暇」なんて言えるんだ!と思ってしまいます。

この件に関して、宮崎議員は所属している二階派の代表である自民党総務会長の「二階俊博」議員に土下座して謝罪したという報道もありました。

今後どうなることやら・・・目が離せませんね!

過去にも女性問題!?

ご存知の方も多いと思いますが、宮崎議員が結婚するのは今回が2度目

初めて結婚されたのが、2006年。

しかもお相手は、内閣官房長官や自民党幹事長を歴任した加藤紘一」氏の娘さんである「加藤鮎子」議員であるから驚きです!

2人は3年後の2009年に離婚されていますが、理由としては宮崎議員の女性問題らしいですね!

お義父さんが「加藤紘一」氏にも関わらず、女性問題を起こすとは、ある意味すごい器の持ち主なのかもしれません!

・・・たしかに宮崎議員はイケメンだと思いますし、高学歴・高収入・高身長3Kの持ち主でもありますから女性にモテると思います!

それでも、国会議員である前に、人として最低限のモラルはもってもらいたいですね。

まとめ

個人的なイメージですけど、嫌で国会議員をしている人はいないんじゃないでしょうか?

日本をよくしたい!という志を抱いて、出馬するからには当選したいと思うのではないでしょうか?

・・・少なくとも、私はそうであってほしいと願っています!

今後の宮崎議員に注目です!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です